【G2】第48回_アルゼンチン共和国杯

2010/11/07、5回東京2日11R、芝2500、3歳上、国特ハ、5800万

2010年は友人へのメール予想を忘備録として事後掲載です。

>>事前 >>検討 >>結論 >>結果 >>反省

事前データ 2011年に追加しています。

1着馬
変更内容
02 /馬単/代中山 /消/祝
03 /代戻
04 /三単
05 /国際 /外規
06 /無 /ゾ回
07 /J2
08 /J2
09 /G2 /外規
10 /無 /記念
1着加算 主要 三歳 二歳
別24鳴滝A - - -
秋天D/有D/産オB'/阪大A'/万葉B/前D 京新D -
ハ20新記B 京大C/ハ22佐渡A 菊D/神A'k/たんB -
ハ24日新A 京大D/阪大D/鳴尾A - -
別26札日A 京大Cz/函記Dz/七夕D/目黒Dz - 東スD
定22鳴滝A - - -
ハ26支笏湖A ハ24オクトB/別26札日B センC/ラジB/スプD -
ハ20七夕A 札記D/目黒A/小大C/中金C - -

2着馬
変更内容
02 /馬単/代中山 /消/祝
03 /代戻
04 /三単
05 /国際 /外規
06 /無 /ゾ回
07 /J2
08 /J2
09 /G2 /外規
10 /無 /記念
2着加算 主要 三歳 二歳
別18漁火A 札記C/日経Cm 京新D/毎杯B -
別26札日A [地] - -
別24南武A - - -
ハ24日新B 京大D/朝日A'/前D 菊D駿D/神D京A/毎D ラジD
ハ25目黒Bz 宝D春天D/京大Dz/阪大C' - -
ハ34ダイAt 宝D春天C/目黒D/阪大C/万葉B/前D 神新A' -
ハ24オクトA - - -
定20大原A エプD/新大D/日経D - -

3着馬
変更内容
02 /馬単/代中山 /消/祝
03 /代戻
04 /三単
05 /国際 /外規
06 /無 /ゾ回
07 /J2
08 /J2
09 /G2 /外規
10 /無 /記念
3着加算 主要 三歳 二歳
別20朝日A 京大Cm/日経B 京新C -
別25御堂A 春天B'/阪大D 毎杯D -
別22産オB 新記A/別18福テA - -
別24京大B 有D/産オD/札記C/日新D 京新D/毎杯B -
ハ20本栖Az - スプC' -
ハ24オクトAz - - -
ハ25目黒B 宝D/京大D/ハ24メトロA 菊B/京成C -
別30阪大Bz 春天D/日新D - -


▲ top

検討

現在の複合軸予想が確立されつつあった段階の夏競馬。 (的中率ではなく予想アプローチの”ブレ”ていちいち迷わないで、という意味で)

さらに春競馬の試行錯誤時期にもこの【G2】グレードが(金額ではなく予想印の結果で)15戦6勝。。。 つまり4割の勝率で一見、善戦しているかのように見える。 しかし、実際には◎とした馬が1着したか?に着目すると15戦0勝。。。ゼロ? かろうじて2着入したのが3回、2割。

よって過去の連対馬の経歴を異なった視点から見つめ直すために、 このレースは調査を少しおおざっぱに広く捉えてみた。


国際化された05より、少し変った二つの傾向が。
 ◆春にG2、G3の連対はあるが、夏秋には連対歴無し。
 ◆1600万、1000万条件の連対を夏以降に有り。

上記に合致しないのが、09の1着馬のみ、この年はJpn→G2化した年。 さらにおかしいのは、このレースは05に既に国際化されているにも関わらず、 Jpn化という暫定措置をJRAが行ったこと。 Jpnに変更する理由が必要だったのだろうか。

しかし、今年の出走馬達には、際立って過去と決別できるような経歴は存在しない。 つまり、他のレースに影響があり、このレースは過去の傾向を引継ぐと読む。

09の再現!もしくは逆!「夏G3連対歴の二頭」vs「夏条件戦での昇り馬」この一点に絞る。

▲ top

結論

◆印
◎;6-12 マイネルスターリー
〇;5-09 ジャミール
▲;1-01 スリーオリオン
△;2-04 スマートステージ
Χ;7-14 グラスゴッド
Χ;8-18 ゴールデンハインド

◆購入馬券
馬連フォーメ;◎〇−〇▲△ΧΧ
三連複;◎〇−◎〇▲△ΧΧ−◎〇▲△ΧΧ

▲ top

結果

◆結果
1着;_;1-02 トーセンジョーダン(1人気)
2着;〇;5-09 ジャミール(2人気)
3着;_;4-07 コスモヘレノス(9人気)
4着;▲;1-01 スリーオリオン(3人気)
−−−−−−−−−−
8着;◎;6-12 マイネルスターリー(7人気)
17着;△;2-04 スマートステージ(8人気)

◆払戻金
単勝;310、枠連;420
馬連;950、馬単;1,580
三複;11,820、三単;42,830

▲ top

反省

Χ;ハズレ
今年は記念競走となったタブー中のタブーレース。 過去の傾向とは異なる予想が必要だったのだろう。 1着馬はOPを前走勝利しているトーセンジョーダンが来た。 2走前には1600万条件戦と連勝しており、今までに無い結果となっている。

また、2着にはジャミールが。 直前加算は函館記念2着歴があり、 こちらは夏競馬の重賞加算歴より選出されたのだろう。

▲ top










▲ top
inserted by FC2 system