【G2】第5回_阪神C

2010/12/18、5回阪神5日11R、芝1400、3歳上、国特定、7000万

>>事前 >>検討 >>結論 >>結果 >>反省

事前データ

変更内容
06 /新設 /消
07 /Jpn2
 
08 /Jpn2
09 /G2 /同降
10 /6→5日 /枠
11 /無
1着主要 同枠歴 同枠馬 2着 3着
スプB/共同B z皐月B' スプC'/sキンC/函SS_At スワA/高松E マイE/京AH_Ct/NZ_A
マイCz/高松A/東新At - オロAj
富士C/米子A
安田C/阪牝A オロAj/白秋A
ポトCA'/北九B/新春A ポトCA' 京AH_CB'/東風A/シルC 京阪B/道頓A 富士B/関屋Bz/東風B
スワAz - スワE/セプA 京阪A/CBC_At 富士B'/NH_A'/NZ_A
zスプBk/高松A/オシA/前A ウルTB' 東新A/ニューA 東新A/ニューA 無;/スワC'、同スワB


▲ top

検討

レース歴史概要からは今年6→5日化される。 昨年Jpn2→G2化したが軌道修正が必要なのだろう。

来年から導入の日曜日メイン五レースの五重勝単式馬券。 しかし、今年日曜→土曜となり来年以降もこのレースは仕様維持できる。 ならば昨年までと同様の馬として直前加算が重賞連対馬を起用すると考えられる。

そういった馬は下記の六頭。
 ・G1スプリンターズ2着;キンシャサノキセキ
 ・G2マイラーズ1着;リーチザクラウン
 ・G2スワン2着;ショウナンアルバ
 ・G3東京新聞杯1着;レッドスパーダ
 ・G3函館SS2着;ビービーガルダン
 ・G3シンザン記念1着;ガルボ

まずキンシャサノキセキはある。 理由は日程変更の高松宮1着後にG2セントウルSを自ら取消。 その後、第44回ゾロ目開催のスプリンターズSを2着したが正規レースのマイルチャンピオンは13着。 これをプラスポイントとする。

この阪神カップは日曜→土曜の変更。 G2連対歴の二頭はどうか?
 ・リーチザクラウンは賞金減額のG2読売マイラーズCは1着、その後の正規安田記念は14着。
 ・ショウナンアルバは、変更の無いG2スワンSを2着。
リーチザクラウンはあるがショウナンアルバは無い。

古馬G3連対歴の二頭について。
 ・レッドスパーダは賞金減額のG3東京新聞杯を1着後、ダートG1フェブラリーSを負けて休養。
 ・ビービーガルダンは、日程変更の高松宮2着後、賞金減額のG3函館SSも2着。
ビービーガルダンはあるがレッドスパーダは無い。

三歳G3シンザン記念1着のガルボ。 NHKマイルでの負け歴はプラスだが古馬相手に重賞連対歴が無い。 これが大きなマイナスとみて押さえまで。

最後に1番人気になぜかなりそうなゴールスキー。 夏以前まで全然勝てなかったがここ四戦の成績は昇り調子。 500万、1000万、1600万クラスで三連勝はしたが、なんとその後にG1マイルCSで3着に食い込んだ。 過去に重賞連対馬以外には出番は無い。 つまりゴールスキーも無い。

▲ top

結論

◆印
◎;7-14キンシャサノキセキ
〇;4-08リーチザクラウン
▲;6-11ビービーガルダン
△;4-07ガルボ

◆購入馬券
馬連ボックス;◎〇▲△
三連複ボックス;◎〇▲△

▲ top

結果

◆結果
1着;◎;7-14キンシャサノキセキ(2人気)
2着;_;7-13 レッドスパーダ(5人気)
3着;_;2-04 マイネルフォーグ(15人気)
4着;△;4-07ガルボ(8人気)
5着;_;4-07 ゴールスキー(1人気)
−−−−−−−−−−
7着;〇;4-08リーチザクラウン(3人気)
11着;▲;6-11ビービーガルダン(6人気)

◆払戻金
単勝;390、枠連;3,180
馬連;3,080、馬単;4,900
三複;131,400、三単;438,250

▲ top

反省

Χ;ハズレ
1着キンシャサノキセキはずばり本命的中。 よって1着候補については書く事は何も無い。 しかし、2着、3着が全然違う。

予想本文を見直すとレッドスパーダを切る要素が何も無い。 にも関わらず切っている。 ここは大いに反省すべき点。 通常予想にて1着候補と2着候補を分けて考えていれば馬連は採れるレースだったかなと。

3着のマイネルフォーグは全く予想出来ません。 残念ながらこの複合軸予想には引っかかる要素が見当たらない...。 まぁ3着データを取っていないのだから当然と言えば当然か?

▲ top










▲ top
inserted by FC2 system