【G2】第58回_阪神大賞典

2010/03/21、1回阪神8日11R、芝3000m、4歳以上、国際、○指、別定、賞金6500万

2010年は友人へのメール予想を忘備録として事後掲載です。

>>事前 >>検討 >>結論 >>結果 >>反省

事前データ 2011年に追加しています。

変更内容
02 /国際
03 /馬単
04 /別定規
05 /三単 /増64→65 /祝日
06 /別定規
07 /無
08 /無
09 /無 /枠ゾ
10 /無 /祝日
1着加算
/G2京都記1
/OP万葉1/G2ステイ2
/G1有馬2/G1菊花2
/G2読売マ1
/G1有馬2/G1菊花1
/G2ステイ1/G2アルゼ2
/G2アルゼ1
/G2京都記1
/
2着加算
/G1JC1/G1優駿1
/G2日経新2/G2アルゼ2
/G1JC2/G1菊花1
/OP万葉1
/G3福島記2/16比叡1
/G1JC2/G1菊花2
/無/前1
/16元町1
/
3着加算
/G2ステイ1/OPドン1
/G1菊花2/G2京都新1
/G2産経オ2
/無
/G2ステイ1
/G3ダイヤ1/G2ステイ2
/G1JC2/G2京大2
/10玄海1
/

▲ top

検討

今年の扱い
傾向を04〜06タブーレースとみるか、最近の傾向でいくかの判断が必要で、 今回はタブーレースだが祝日開催をとり、07(開催ゾロ目)・09(ゾロ目決着)は表で見、 08(正規レース)は裏で見る。 候補は最近1年間での実績を見る。
1着候補
「増量馬」「G1勝利馬(2着以下NG」となるが、今年は2K増の出走馬無し、 過去08、05が類似レースで、その時の1着馬はG2勝利歴を持つ。
2着候補
「非増量馬」「G2連対歴あり」となり、菊花賞と神戸新聞杯両レース出走馬は注意(マイナスポイント)、 G1かG2出走歴必須。連対は重視し着外でもチェック。
検討
G1出走馬は14番アサクサキングスと11番メイショウベルーガ、10番ホクトスルタン、1番イコピコの4頭 G2連対歴も上記の内14、11、1の3頭になる。
上記以外のG2出走歴では5番ニホンピロレガーロ、10番ホクトスルタン(目黒B')、12番ゴールデンメイン(ステイ2着)、13番トウカイトリックの4頭 増量馬はG2連対歴の3頭と等しく、G1(Jpn1)勝利は14番アサクサキングスで、かつ昨年の覇者よりG2勝利歴もあり、本命◎14番アサクサキングスとする
相手については、本レースがグレード別定戦の6500万賞金とG2でも上位の位置するので、条件戦の昇り馬では役不足とし、牝馬11番メイショウベルーガを◯ 菊と神戸を未出走かつG2連対歴をもつ12番ゴールデンメインを▲、枠ゾロ目となる13番トウカイトリックを△とする
▲ top

結論

▲ top

結果

▲ top

反省

戦績
Χハズレ。
「同枠馬の経歴をまだ見切れていない時点の予想」&「フォーメーション予想」の1着vs2着がまだ確立されていない。 14アサクサキングスに◎をつけたが、同枠も候補になり、問題は2着馬の予想が全然ダメな点を反省。
1着候補にG1出走歴有り、G2連対歴有りを求めるなら、相手には当然G3以下連対歴あり、 条件戦多数連対歴有りなどを求めなければならなかった。 この頃は、同種の馬を数頭選んでは、2着抜け、1着抜けを繰返していたので完敗の結果です。

▲ top










▲ top
inserted by FC2 system