【G2】第58回_京都新聞杯

2010/05/08、3回京都5日10R、芝2200m、3歳、国、○、馬、賞金5400万

2010年は友人へのメール予想を忘備録として事後掲載です。

>>事前 >>検討 >>結論 >>結果 >>反省

事前データ 2011年に追加しています。

変更内容
02 /長→ /祝 /枠ゾ万
03 /馬単 /馬化
04 /無
05 /三単
06 /無
07 /Jpn2 /祝 /ゾ回
08 /Jpn2
09 /国G2 /11→10R
10 /無
1着前走 1着加算 2着前走 2着加算 3着前走 3着加算
皐- 若葉2 ムニ1 ムニ1 若草2 若草2
毎杯9 ゆき1 ムニ2 ムニ2 ムニ1 ムニ1
皐- 若葉1 皐- 若葉2 皐5 スプ-
三歳1 ゆき2 はな1 はな1 皐5 若葉1
スプ- セン1 三歳1 三歳1 毎杯5 5あざ1
毎杯8 福寿1 ひめ6 京都2 4月未 4月未
ムニ1 ムニ1 はな3 2月新 4月未 4月未
皐5 若葉1 ムニ1 ムニ1 はな1 はな1


▲ top

検討

このレースについては少し違和感がある。 三歳限定のしかもこの時期に、G2ほどのグレードがあるにも関わらずトライアルでも無い。 その意味合いからすると、皐月と皐月トライアルに間に合わなかった馬達や、 皐月TR優先権獲得したが皐月で敗れた馬達へのステップレース的な位置づけではないだろうか。。。

1着馬ステップ歴
変更内容
06 /無
07 /Jpn2 /祝
08 /Jpn2
09 /国G2
/11→10R
10 /無
1着&同枠 OP 500 初勝
スプ負 条件連勝
単枠
弥生負 毎日負 条件1 未1
4月
きさ負/ラジ負 条件1 12月新
条件1 3月新
皐5 きさ4 若葉1 条件1
4月未
2着&同枠 OP 500 初勝
ラジ4 OP5 条件1.2.3
単枠
京成負/ラジ負 OP2 条件負
条件負 未1
条件3 2月新
条件負
条件1.2 春新1
ラジ6 条件1.3

06からの四年間のサンプルでは、 A枠に上級戦挑戦歴をB枠に4月ギリでなんとか二勝目の条件を勝てたかどうかとなっており、 一勝目をやっとという馬もチラホラ。

注目馬
三歳重賞連対歴を重視して見た場合、次の四頭に注目したい。 京成杯2着後、弥生賞で負けたアドマイヤテンクウ。 スプリングS2着後、皐月賞負けしたゲシュタルト。 きさらぎ賞2着後、皐月賞負けのレーヴドリアン。 弥生賞負け後、若葉S3着とTR連敗のマコトヴォイジャー。
他の意味で少し気になる馬
前走唯一のOPに出走して負けた二勝馬プレファシオ。 前走唯一の地方参戦で勝利した中央勝星の無いカミダノミ。

07のゾロ目開催Jpn表記からを見てみると、 08はJpn表記のみの仕様変更無し、 09は国際化でG表記戻り。

連対馬をみると毎年少しずつ異なるが、一定の傾向がある。。 07で方向を示し、08は仕様変更無しでタブー扱いし、 09の国際化で正規に戻したが、本格的な国際化は二歳・三歳ともG表記の重賞経験可能な来年から。 つまり、今年は国際G表記を未経験で来年の正規レースまで空洞化したいはず。

複合軸検討
1着候補
唯一の重賞経験馬同士、かつ三歳重賞歴の無いもの同士の4枠より、 ラジオNIKKEI2着のコスモファントムを◎。 また、重賞に影響ないレースにしか出走していない無敗馬のネオポラリスを◯。
2着候補
3末〜4末ぎりぎりに勝利して、それが前走であり、同枠に同傾向の構成となった枠より 重賞歴有りを重視しシャイニーナイトを◆。 ラジオNIKKEI負けよりアドマイヤテンクウを▲。 重賞経験の全くないもの同士となる2・3枠から、 二勝しているブレイクアセオリーを△。 地方加算馬同枠のシルクアーネストを×。
3着候補
同枠のモズが重賞連対皐月賞負けより、TRスプ2、皐月7のゲシュタルト。 同枠に重賞経験無しから、きさらぎ2、皐月9のレーヴドリアン。

▲ top

結論

▲ top

結果

▲ top

反省

戦績
Χ;ハズレ
完全に失敗のレース。 最初にあげた気になる馬の候補と唯一枠での決着。 しかし、本日トライした三つのレースで、迷っていた予想の方向性を定められたのが、負惜しみ的収穫かと。 1着は指名を受けて、2着は時折唯一の枠から選択される・・・・覚えておくことにしよう。

▲ top










▲ top
inserted by FC2 system