【G3】第15回_エルムS

2010/09/20、2回札幌4日11R、ダ1700m、3歳以上、国、〇、別、賞金3800万

2010年は友人へのメール予想を忘備録として事後掲載です。

>>事前 >>検討 >>結論 >>結果 >>反省

事前データ 2011年に追加しています。

変更内容
02 /馬単 /2回1日→1回7日
03 /無
04 /三単
05 /無
06 /1回7日9R→2回4日11R /回/祝
07 /J3/別 /祝/消
08 /J3 /4→1日
09 /国G3/代新潟 /地 /祝/消
10 /代戻 /外規 /減→38 /祝
1着加算 2着加算 3着加算
G3マキュA/ハ17大沼A マーチB/平安A 別16オアシA/別18仁川A
JCD_C/JBCC_A 別17漁火A 別17マリンBm/別12橿原A
別17昇竜A 別17マリンA/ハ17大沼A
G2ダイオA/前A JCD_C/ハ14ブラジA G2浦和B/別18エニフA
アンタA/マーチA 前B 別18関越A
東海A/平安A 別18関越Az G1JD_C/ユニコAj/別18端午A
G3クラスB/ハ17大沼A 別17マリンA ハ17しらかB/ハ14ブラジA
別17マリンA/ハ21ブリリA ハ17しらかC/ハ18大阪スA ハ17大雪ハAt


▲ top

検討

このレースの予想には、三つのステップレースの検討が必要になる。 しらかばS、マリーンS、大沼Sの三レース。 今年はこの三レースの勝利馬が全て出走する。

祝日開催が多いエルムS、マリーンS連対馬は、 近年エルムSでの連対率も非常に高くなってきている。 今年マリーンSがゾロ目決着したこともプラスだろう。 一方しらかばS連対馬は、エルムSでは連対できていない。 しらかばSの1着2着馬がマリーンSの3着、1着馬と同じ馬。

国際化後正規に代替戻りを行い、 祝日が正規ポジションのエルムS(?)ならこの馬達に出番があってもおかしくない。 よって、しらかばS2着だが、マリーンSを勝ったエイシンモアオバーを◎に。

また、どうしても気になる馬がいる、サクラオリオンだ。 昨年度タブー馬としての代表みたいな部分もあり、 祝日のエルムSだからこそこの馬の出走の意味があると思いたい。 サクラオリオン同枠のスターシップを〇。

参考までに一番人気であろうアドマイヤスバルは、 ここ一年で中央での賞金加算が無く、地方加算ばかり続けておりここ5年でそういった馬はいない。。。 思い切って今回は来たら仕方なしで切る。

相手には近年G2東海Sは連対出来ておらず、来ても同枠までの役割と見なす。 また、1600万クラスからの連対入りもよくある。 しらかばS1着、マリーンS3着のクリールパッションを▲。 東海Sを同枠馬としての役割より、ラストアローを△、タガノクリスエスを×まで。

▲ top

結論

▲ top

結果

▲ top

反省

戦績
Χ;ハズレ
レース終了後に結果を見た上で、オーロマイスターの経歴を見ると、 今年2月のフェブラリーSで取消の張本人。 これほどのタブー馬は存在しない。 1着クリールパッションはゾロ目決着マリーンSの3着と今までに連対実績の無い、しらかばS優勝馬。 2着は上記のオーロマイスター。 3着に1着馬と似た経歴の1番人気エイシンモアオバー、こちらはマリーンS優勝後、しらかばS2着。
これに着目がきっちり出来ていれば、オーロマイスターから流す手だったろう。 エーシンモアオバーと二頭からの◎〇として、相手はマリーンS非連対馬の図式が、浮上がってくる。 そういった目で出走馬を調べると的中に近づけるレースじゃないかなぁ。。。

▲ top










▲ top
inserted by FC2 system