【G3】第46回_小倉記念

2010/08/01、1回小倉6日10R、芝2000m、3歳以上、国、特、H、賞金4300万

2010年は友人へのメール予想を忘備録として事後掲載です。

>>事前 >>検討 >>結論 >>結果 >>反省

事前データ 2011年に追加しています。

変更内容
02 /馬単
03 /無
04 /記念 /混無
05 /三単 /混合 /11→10R
06 /3回2日→2回6日 /サマシ
07 /J3
08 /J3
09 /国G3
10 /無
1着前走 1着加算 2着前走 2着加算 3着前走 3着加算


▲ top

検討

09まで毎年レース仕様を変更し続けているレースであり、かつハンデ戦。 09国際G化でこれ以降仕様を継続すると思われる。 その09は直前加算が1600万とOPからワンツーしている。

全体的なレース歴史を大きな流れて眺めると、 G3直前加算が1着し、2着にはG3とその他が交互に繰返されている。 今年は国際化された去年から変更無しのレース。 08、09は先送りされた年と見て、今年からが正規新機軸。 つまりG3加算馬の出番だろう。

複合軸アプローチ

登録馬から直前加算を調べる。 グレー色は登録後に出走せず。

以上の15頭が24頭中直前加算有りとなる。 G3加算の六頭の枠順に注目する予定で事前検討は終る。

06、08は両レースともに同じ仕様変更。 そのときに七夕1着出走→出番無しとなっている。 今年はともに変更無し、ならば、七夕連対馬は来れない。 また、ナリタクリスタルは新設OPを勝ってしまったことにより、 変更無しの小倉記念は勝てない。

では、どれか? サンライズベガを筆頭に、ニホンピロレガーロだろう。 ハンデ最重量を背負うアドマイヤオーラが馬券対象圏内にくる可能性もある。 また、OP勝ち馬達は3着への道は残っていることと、 サンライズベガと七夕賞3着同着になったバトルバニヤンまで。

▲ top

結論

▲ top

結果

▲ top

反省

戦績
Χ;ハズレ
5-09アドマイヤオーラが直前で除外、気がつかずに購入した。 惜しかった、また購入方法を絞りすぎての失敗。 いつもの購入で二頭軸なら三連単もとれていたレース。 大いに反省すべきレース。

▲ top










▲ top
inserted by FC2 system