【G3】第15回_武蔵野S

2010/11/14、5回東京4日11R、ダ1600、3歳上、国〇別、3800万

2010年は友人へのメール予想を忘備録として事後掲載です。

>>事前 >>検討 >>結論 >>結果 >>反省

事前データ 2011年に追加しています。

変更内容
02 /馬単/国 /外/代中山
03 /代戻
04 /三単
05 /減42→39
06 /無 /ゾ回
07 /7→8日 /別規
08 /4回8日→5回1日
09 /無
10 /1→4日
11
1着前走 1着加算 2着前走 2着加算 3着前走 3着加算
1着 2着 3着


▲ top

検討

06の大1回ゾロ目開催と09の変更無しレースが類似した結果。 06のゾロ目開催から傾向も変えてきている。 G3優勝歴から1着馬を加算無し馬とOP優勝歴から2着馬を指名している。

07、08はその結果と大きく異なり、今年は変更レース。 つまり、サンプルは07・08に求めるべきだろう。と、するのがオトリだろう。 変更仕様が異なる今年。 賞金減額と日程を土→日曜、05の1着と、07の2着に決め打ちする。


1着候補は直前加算をOPに持ち、1600万条件勝ちをも併せ持つ馬より選択する。 出走馬にそういった馬は3頭いる。 1-01ケイアイガーベラと1-02バトードール、8-16シルクフォーチュンの3頭。

また2着候補は重賞連対歴、かつOP加算歴を直近1年以内に保有より選択となる。 ケイアイガーベラは、1・2着両方の候補をもっている。

おそらく圧倒的大人気になり、配当的には旨味が全く無い1-01ケイアイガーベラを◎として、 最有力候補にせざるを得ない予想となってしまう。


一方6-11ナニハトモアレが連闘でここに出てくる。 賞金減額となるG3マーチS、G3アンタレスSとともに2着し、代替京都G2東海Sと新設みやこSではぼろ負けしたが、同じく賞金減額のこの武蔵野Sは出番があるので、連闘で出向いてきたと思いたい。

8-16シルクフォーチュンを▲とするが、あくまで2着候補として扱う。 相手には、G3連対歴と唯一性の馬より、さらに際だった変更レースのさらに最悪な仕様から、G3ユニコーンS1着の7-14バーディバーディを△。

ケイアイガーベラの同枠となるが、悪仕様G3ユニコーンS2着歴の1-02バトードールと、 直前加算が唯一牝馬芝路線の4-07ブラボーデイジーを×として押さえる。

▲ top

結論

◆印
◎;1-01 ケイアイガーベラ
〇;6-11 ナニハトモアレ
▲;8-16 シルクフォーチュン
△;7-14 バーディバーディ
Χ;1-02 バトードール
Χ;4-07 ブラボーデイジー

◆購入馬券
馬連フォーメ;◎〇−〇▲△Χ
三連単;◎〇→◎〇▲△Χ→◎〇▲△Χ

▲ top

結果

◆結果
1着;_;2-04 グロリアスノア(6人気)
2着;_;8-15 ダノンカモン(4人気)
3着;Χ;4-07 ブラボーデイジー(9人気)
4着;_;6-12 ユノゾフィー(2人気)
−−−−−−−−−−
6着;△;7-14 バーディバーディ
7着;▲;8-16 シルクフォーチュン
14着;〇;6-11 ナニハトモアレ
15着;◎;1-01 ケイアイガーベラ

◆払戻金
単勝;1,480、枠連;3,520
馬連;5,820、馬単;14,210
三複;55,300、三単;402,630

▲ top

反省

Χ;ハズレ
G3根岸Sを勝ったグロリアスノアが勝ち。 2着にはOPペルセウスSを勝ったダノンカモン。

前年09年の結果と同様、直前加算でG1勝ち→1着、OP1着→2着とそろえてきた。 3着に唯一別路線の芝レースから、牝馬G3を2着した、ブラボーデイジー。

G1は深く、複合軸予想。 G2は未だ未確定。 G3は直前加算の縦軸重視。 二歳重賞路線は横軸重視。 OPレースは大きなレース概要のみや前走重視。

こういったレースの結果の流れもつかんで望む。 みたいな前提は頭に入れておこう。。。

▲ top










▲ top
inserted by FC2 system