【G3】第32回_新潟大賞典

2010/05/08、1回新潟3日11R、芝2000m、4歳以上、国、□、H、賞金4100万

2010年は友人へのメール予想を忘備録として事後掲載です。

>>事前 >>検討 >>結論 >>結果 >>反省

事前データ 2011年に追加しています。

変更内容
02 /代替戻 /消 /枠ゾ
03 /馬単 /8→6日 /□無 /降
04 /□化 /枠ゾ
05 /国 /三単 /□無/外規 /減
06 /6→3日
07 /Jpn3 /祝
08 /Jpn3
09 /G3 /□化 /降
10 /無
1着前走 1着着目 1着加算 2着前走 2着着目 2着加算 3着前走 3着着目 3着加算
名記4 飛鳥1 メト5 大杯5 中金1 大杯- 京記3 京阪1
春天5 春天5 宝塚1 AUT3 マメ2 難波1 大城8 難波1
AUT2 名記7 エプ1 AUT3 中記- 福TV1 AUT6 ダイ5 湾岸1
難波1 日新5 難波1 エイ6 大杯3 中新2 10飯坂1 10飯坂1
大ハ3 名記9 松籟1 中金3 福記5 メト- 大城4
AUT3 大城5 TV静1 ダCT4 アク1 中金- 福記- 小記2
読マ9 大城1 大城1 メル1 ダイ5 メル1 福民1 大城7 福民1
白富1 中新6 白富1 大ハ2 阪大- 万葉1 中金6 中新4 アイ1


▲ top

検討

今年が第32回であり、来年33回開催で新機軸がスタートする。 レース仕様変更の無い04、08を参考レースとし、07、09を非参考レースとしてみる。 上記の四年間のサンプルより、二通の見方ができる。

複合軸アプローチ
本体レース概要
A枠は条件を卒業後に重賞ではハンデ戦以外では連対出来ずに、 G3を2着かOPで1着がやっと。 B枠も概要では似ている。
参考・非参考
07、09ともに条件ハンデ戦1着歴があり、同枠にG3ハンデ連対歴保有枠がA枠に。 07と09でレース仕様に違いがあり、それがB枠に影響していると捉え、 そのどちらもが今年とは異なると考える。 07B枠は過去一年間賞金加算無し、09B枠はハンデ戦OP以上で連対歴有り。
08A枠は通年OPと条件卒業し、ハンデ戦のOP以上で勝ち馬・負け馬の構成。 B枠は似たもの同士で、条件卒業、ハンデ戦重賞負けとなる。
◆注目馬候補馬ではない
産経大阪杯2着し春天に向かずこちらに来たゴールデンダリア。 同様にOPだが大阪-ハンブルグC1着し、春天よりこちらに来たニホンピロレガーロ。 ハンデ戦福島記念1着後、G3ハンデ戦連敗のサニーサンデー。 条件ハンデ戦で勝利歴のある下記の馬も。 シャインモーメントシルポートトリビュートソング
気になる馬
ニホンピロレガーロサニーサンデーの二頭。 ニホンピロレガーロが上記の条件ハンデ戦勝利した下級馬と同枠になった場合、 今のところ、1着候補最有力馬として、途中検討を終る。
複合軸検討
1着候補
きになる馬としていたニホンピロレガーロが希望していた、 条件ハンデ戦勝利馬シャインモーメントと1枠で同枠になったので、ここを◎とする。 また、過去一年間の出走歴からみると1枠と同じ枠構成となるサニーサンデーを◯。
2着候補
ハンデ条件1後に重賞負けのトリビュートソングを▲。 四歳と最年少で最高斤量となってしまうセイクリッドバレーを△。 04年のゾロ目決着時の枠と同様になる6枠よりマイネルシュピールと、 同枠タマモサポートを×。
▲ top

結論

▲ top

結果

▲ top

反省

戦績

1着がハズレ。 しかも優勝馬が6頭も名前を出しておきながら、かすりもしていない。 まず人気馬1〜4頭目までは、取捨を検討してから、傾向にてらしなさい! という反省のレースでした。
注目馬から素直に1着候補を選択し、相手選びに持ち込みたいレース。 勝率の非常に悪いハンデ戦をなんとか攻略したかったが。。。

▲ top










▲ top
inserted by FC2 system