【G1】第71回_皐月賞

2011/04/17、3回中山8日11R、芝2000m、3歳牡牝、国、○、定、賞金9700万
3回中山8日→震災により2回東京2日に (一週延期)

>>事前 >>複合 >>出走 >>検討 >>結論 >>結果 >>反省

事前データ

変更内容
01 /馬齢表記
02 /外馬規 /単万
03 /馬単
04 /無
05 /三単
06 /無 /ゾ回
07 /Jpn1
08 /Jpn1
09 /Jpn1
10 /国G1
11 /震災 /代東京
TR抜 FS抜
スプ1/若葉1 1.2
スプ2.3
スプ3/若葉1
スプ2 2
弥生2
1
スプ2
若葉1
1.2
1着前走 同枠 2着前走 同枠 3着前走 同枠
弥生1 条件1 アリ1 スプ2 共同1 スプ6.シン1
若葉7 弥生1 弥生3 弥生2 スプ1 若駒1
スプ1 スプ5 スプ2 若葉4 弥生1 弥生3/スプ-
スプ3 弥生3/共同1 弥生1 若葉1/若葉2 弥生2 スプ1
弥生1 毎杯1/クリ1 若葉4 伏竜D1 弥生2 スプ1/スプ5A'
スプ1 若葉1 スプ3 スプ2 若葉1 スプ1
若葉1 弥生2/スプ1 スプ8 弥生4 共同1 アリ2
弥生4 スプ7/きさ1 弥生3 スプ1 弥生1 弥生2
スプ1 共同5/きさ1 若葉2 条件1 弥生8.FS1 シン1/弥生3
弥生1 弥生3/きさ2 若葉2 スプ1 京成1 弥生2


▲ top

複合軸データ

1着馬トライアル歴仕様を並べてみた
弥生賞
02 /混合 /定量化
03 /馬単 /馬齢化
04 /無
05 /三単
06 /無
07 /J2 /外優 /ゾ回
08 /Jpn2
09 /Jpn2
10 /国G2
11 /無
1着加算
新潟1
FS1
ラジ1
若駒1
共同1
シン1
京成1
ラジ1
ラジ1
東ス1
スプリングS
02 /混合 /定量化
03 /馬単
04 /無
05 /三単 /外優 /祝
06 /無 /ゾ回
07 /Jpn2
08 /Jpn2
09 /Jpn2
10 /国G3 /祝日
11 /震災 /FG変更
1着加算
アリ1
きさ1
きさ2
5三歳1
きさ2
東ス2
きさ2
若駒1
ホープ1
シン2
皐月賞
02 /外規 /単万
03 /馬単
04 /無
05 /三単
06 /無
07 /Jpn1
08 /Jpn1
09 /Jpn1
10 /国G1
11 /震 /代東京
TR抜 FS抜
スプ2.3
スプ3/若葉1
スプ2 2
弥生2
1
スプ2
若葉1
1.2
1着前走
若葉7
スプ1
スプ3
弥生1
スプ1
若葉1
弥生4
スプ1
弥生1

2着馬トライアル歴仕様を並べてみた
弥生賞
02 /混合 /定量化
03 /馬単 /馬齢化
04 /無
05 /三単
06 /無
07 /J2 /外優 /ゾ回
08 /Jpn2
09 /Jpn2
10 /国G2
11 /無
2着加算
京成1
5こぶ1
朝FS2
京成1
シン2
東16新1
5福寿1
小18未1
朝FS2
5つば2
スプリングS
02 /混合 /定量化
03 /馬単
04 /無
05 /三単 /外優 /祝
06 /無 /ゾ回
07 /Jpn2
08 /Jpn2
09 /Jpn2
10 /国G3 /祝日
11 /震災 /FG変更
2着加算
5うぐ1
朝FS2
クロ1
5葉牡1
共同2
ジュニ1
荻S1
5三歳1
5つば2
ホプ1
皐月賞
02 /外規 /単万
03 /馬単
04 /無
05 /三単
06 /無
07 /Jpn1
08 /Jpn1
09 /Jpn1
10 /国G1
11 /震 /代東京
TR抜 FS抜
スプ2.3
スプ3/若葉1
スプ2 2
弥生2
1
スプ2
若葉1
1.2
2着前走
弥生3
スプ2
弥生1
若葉4
スプ3
スプ8
弥生3
若葉2
若葉2

▲ top

検討

複合軸アプローチ
1着傾向
01年からの10年間でトライアル1着馬が優勝できたのは6回。 その6回は全てトライアル獲得馬の欠場があった場合のみ。 02年が例外でスプリングS優先権から2頭欠場が出たので、 弥生賞馬が1着同枠に振り返られたのか。
朝日FS連対馬が出てこなかったのは01・05・08年。 弥生賞組に指名がある。 さらに1着馬本人にはトライアル2着馬はいない。
枠の組み合わせで見ると、 今年はトライアル獲得馬が全て出走&朝日FS連対馬は2頭とも欠場。 合致するのはJpn1だった08年。 トライアル勝ち馬以外に別定戦での勝利馬で構成された枠。
今年はトライアル獲得馬が全て出走する。 それなら弥生賞でもスプリングSでも勝ち馬に出番は無いとする。 弥生・スプリングSの3着以降の馬が、別定戦勝ち馬と組んだ枠。 若葉S組も除外は出来ない。 必ずトライアル出走歴保有馬が1着している。
該当馬は、 ダノンミルリベルタスデボネアオールアズワン
2・3着傾向
05・07・09年以外では、 トライアル連対馬の枠が2着・3着を占めている。 トライアル連対馬は優勝できなくとも2着に食い込むのは、 非常に顔を出す回数は多い。
出走枠
枠経歴
1枠 スプ3/ラジ1
2枠 弥生1/アリ1
3枠 若葉1/共同1
4枠 共同負&地方勝/OPすみれ1
5枠 若葉2/NZT1&スプ5
6枠 スプ2&共同4/スプ1&きさ3&シン2
7枠 スプ負/京成1/弥生3&京成2
8枠 きさ1/弥生2/弥生8&ラジ2

出走枠を見ると気になる枠は6枠。 スプリングS連対馬が同居した。 別定戦連対歴もある。 しかもスプリングSも震災の影響を受けた。
オルフェーヴルベルシャザール
トライアル1着歴は今年はない。としている。 1着の空洞化。ゾロ目決着。これならある。
複合軸検討
1着〜2着候補
スプリングS2着歴から ベルシャザールを◎。
デボネアを○、 ダノンミル▲。
スプリングS1着歴からゾロ目を考えて オルフェーヴルを△。
若葉S2着かつ、NZT1着馬同居の異質枠より カフナ、 弥生賞1着枠より サダムパテックノーザンリバーをΧまで。
▲ top

結論

▲ top

結果

▲ top

反省

戦績
Χハズレ
今週末のハズレで、まさかの(いやっ、普通か?) の13連敗。どこまで続くんだ?
スプリングS1着馬と弥生賞1着での決着。 今までにみれなかった結果。 その場合の3着馬は予想外からの割り込み。 これも何十レースとやってきた中に、たまに見られる結果。
震災を通常レース扱いにして一時期的中を見せだした。 しかし皐月賞は開催場も変更しての対応。 これなら06年・10年をサンプルとすべきでした。

▲ top










▲ top
inserted by FC2 system