【G2】第24回_セントウルS

2010/09/12、4回阪神2日10R、芝1200m、3歳以上、国、〇、別、賞金5800万

>>事前 >>出走 >>検討 >>結論 >>結果 >>反省

事前データ

変更内容
02 /馬単 /別規
03 /無
04 /三単 /別規
05 /国際/減→41 /外規/GSC
06 /G2昇/代中京 /別規/サマシ
07 /外規 /代替戻
08 /2日11R→1日10R
09 /1→2日 /消
10 /減60→58 /消
11 /10→11R /notGSC
1着加算 2着加算 3着加算
無;前年A 別小12小日経A ハ小12北九短Aj
別札12キーンB [外] 別中12オーシャA
別新10アイビA 別京14葵S_A 別潟14谷川岳A
別新10アイビA 別新10アイビB 別京12橘S_A
定福12TV福A 定名12高松宮B 別中12オーシャB
ハ京12CBC_B [外] ハ小12北九記A


▲ top
出走枠
枠馬 馬名
1-01 エーシンリジル
2-02 ヘッドライナー
2-03 ファリダット
3-04 グリーンバーディー
3-05 テイエムオオタカ
4-06 マジカルポケット
4-07 サンカルロ
5-08 トウカイミステリー
5-09 エーシンヴァーゴウ
6-10 ベイリングボーイ
6-11 シゲルキョクチョウ
7-12 エーシンホワイティ
7-13 ラッキーナイン
8-14 ダッシャーゴーゴー
8-15 スギノエンデバー
経歴
ハ小12北九記B
12CBC_B
[外]/前B
別函12函SS_B
12高松宮B
ハ小12北九記A
別潟10アイビA
定京12鞍馬S_A
定京12彦根S_A
[外]
12CBC_A
別阪12ファルコBtj

▲ top

検討

G3北九州記念ステップ
変更内容
02 /馬単
03 /無
04 /無
05 /三単 /→10R/減→41
06 /短→12/→3回 /H/サマ
07 /J3
08 /J3
09 /国G3 /消
10 /減→40
11 /3回2日10R→4回6日11R
出走 1着 2着 3着
1.2.5.6.8.13 - - -
1.2.5.7.8.9.10.11 7 5 D8
2.5.6.11.15 - D15 -
1.3.5.6.9.12 D6 D1 6
1.2.3.4.6.7.11.13.17 11 - 1
1.2.3.4.5.14

G3_CBC賞ステップ
変更内容
02 /馬単 /7→6R
03 /無
04 /国 /三単 /別規
05 /無
06 /G3降 /6月 /H化
07 /無
08 /無 /ゾ回
09 /11→10R /消
10 /代京都 /減→40
11 /代阪神
出走 1着 2着 3着
1.3.11.13.14.15 1 - -
3.5.9.12.13 D5 - D9
2.5.8 5 - -
4.11 - - -
1.2.4.13 2 - 4
1.2.5.6.15

今年の仕様はグローバルスプリントチャレンジから外れた。 しかし11R化しG2になってから11R施行されたのは06、07年のみ。 06年は代替で中京開催されたのでサンプルは07年。

まず最初は前年同様に。 CBC連対馬を候補に。 前年と表裏になる、ダッシャーゴーゴー、ヘッドライナー。 その後の北九州記念ステップの経験も前年表裏のヘッドライナーのみが経由した。 その前年はダッシャーゴーゴーが1着し、ヘッドライナーは4着に敗れた。

これは、つまり、今年は昨年10年の仕様とは異なるので、 指名される馬も逆。 ダッシャーゴーゴーのステップが今年は要求されているはず。 よってダッシャーゴーゴーに◎。

北九州記念ステップに着目すると、 このレースはやはりよほどの事が無い限り、セントウルSには結びつかないレースなのだろう。。。 なので相手最上位はその北九州記念1着馬の同枠でもある、 アイビスSD1着馬エーシンヴァーゴを〇。

以下の相手には外国馬とG1連対歴から選ぶ。 どれを上位にするか? 外国馬でかつ、前年2着馬でもあるグリーンバーディーを▲。 もう一頭の外国馬ラッキーナインを△。 サンカルロは押さえでΧまで。 さらに前年は3着に北九州記念勝ちを持ってきた。 なので今年は北九州記念2着馬エーシンリジルもΧに。

▲ top

結論

▲ top

結果

▲ top

反省

戦績
Χ;ハズレ
今年のレース仕様から外国馬が連対すると予想した。 この時点で人気面も少し美味しい状態なので、 外国馬2頭から流せば済んだレースだった。 少しの救いは馬連=ハズレだが、三連単は的中。

▲ top










▲ top
inserted by FC2 system