【G3】第62回_朝日CC

2011/09/10、4回阪神1日10R、芝2000m、3歳以上、国、特、別、賞金4100万

>>事前 >>出走 >>検討 >>結論 >>結果 >>反省

事前データ

変更内容
02 /馬単
03 /無
04 /三単 /ゾ回
05 /国際 /減→41 /外規
06 /代中京 /別規
07 /代替戻 /別規 /外規
08 /1日11R→2日10R /祝
09 /日戻
10 /無 /サマジョ
11 /10R→11R
1着主要 2着主要 3着主要
日経賞Bm 小倉記B エーデA
新潟記Bt 無;秋天D 函館記B
京都新B 大ハンA 朱鷺S_Am
小倉記B 函館記Atz 北九記B
鴨川特A 七夕賞B 無;毎日王C
中日新Bt エプソB 日本海A
小倉記A 無;エプA'/名記A' 関ヶ原A
皐月賞A 共同通A 京大賞A
無;前年A クイS_B/ハン牝B 垂水S_A


▲ top
出走枠
枠馬 馬名
1-01 ガンダーラ
2-02 アドマイヤメジャー
3-03 エーシンジーライン
4-04 ミッキードリーム
5-05 ダイシンプラン
6-06 ホクトスルタン
7-07 サンライズマックス
8-08 ヤマニンキングリー
8-09 レディアルバローザ
経歴
小倉日A
アンドA
寿S_A
大文字A
無;京成A_A'
無;小倉日B
無;秋天D
中山牝A

▲ top

検討

複合軸アプローチ

出走馬をみると「三歳馬」vs「古馬」の図式が成り立たない。 三歳馬の出走がゼロだから。 昨年は予想印の結果が「◎→〇→▲→△」のも関わらずハズレとなる悲しい結果。 しかし予想の方向が簡略とはいえずれていないともとれる。

G3というこのレース格に対して「下級馬」vs「上級馬」(大抵のレースがそうなのかな?)。 出走馬構成はG3加算がレディアルバローザのみ。 オープン勝ちが2頭、条件勝ちが2頭。

レース仕様の変更歴史を見ると、 今年11Rに戻るが、国際化、三連単発売、1日(土曜日)阪神11R。 この仕様で行われたのは、07年のみがサンプルにしかならない。 この時は出走構成は「重賞加算3頭」vs「条件勝ち2頭」で、 結果は「取消戦中日新聞杯2着」→「エプソンC2着」→「条件戦日本海1着」の順に決まった。

今年は出走構成「OP以上加算3頭」vs「条件勝ち2頭」。 つまりは「OP以上加算」→「OP以上加算」→「条件勝ち」の結果が見え隠れする。 5頭の内2頭がダミーでまぎれているが人気が割れており、この頭数なら的中さえなればプラスにできるかも。。。

なので5頭全てに印を打ちたい。 1着馬の加算歴が2000mと同距離が多いので影響あるかも?で、 2000mのOPアンドロメダS勝ちのアドマイヤメジャーに◎。 小倉日経OPで前走一気にお気に入りに昇格した個人的理由のガンダーラに〇。 唯一の重賞加算がオトリっぽく見えて仕方ないが、レディアルバローザを▲。

三着候補には条件勝ちの二頭、エーシンジーラインとミッキードリームより。 前走マイル条件戦勝ちのミッキードリームより、 1月とはいえ2000m条件戦を勝ったエーシンジーラインを上と見て△。 押さえにミッキードリームをΧとする。

馬券は、馬連は的中率に影響するので通常通り(かなりずるい買い方だなぁ)。 三連単は配当が低そうなので絞るため変則で行く。 (去年の教訓が全く活かされていないような気もしますが。。。)

▲ top

結論

▲ top

結果

▲ top

反省

戦績
Χ;ハズレ
前年が「◎→〇→▲→△」と馬券は外しても、印は良好な結果を出したのに。 今年はまるでダメ。 9頭中◎が6着、〇が7着とは。。。
今年の結果は連対馬に条件加算馬同士を指名してきた。 過去のレースを連対馬の組み合わせでみると、確かにそういった傾向はある。 グレードだけでなく、連対歴レースの仕様を同種で連対させ、 別種から3着馬の指名で混乱を助長させようとしているかにも見える。

▲ top










▲ top
inserted by FC2 system