【G3】第51回_きさらぎ賞

2011/02/06、2回京都4日11R、芝1800m、3歳、国際、特指、別定、賞金3900万

>>事前 >>複合 >>検討 >>結論 >>結果 >>反省

変更内容 1着 2着
02 42 /無 メジロマイヤー アグネスソニック
03 43 /馬単三複 /馬齢重量 /枠ゾ ネオユニヴァース サイレントディール
04 44 /無 /ゾ回 マイネルブルック ブラックタイド
05 45 /三単 コンゴウリキシオー マキハタサーメット
06 46 /別定規定 ドリームパスポート メイショウサムソン
07 47 /Jpn3 /祝日 /少数 アサクサキングス ナムラマース
08 48 /Jpn3 /減42→40 レインボーペガサス スマイルジャック
09 49 /国際G3 /外馬規定 リーチザクラウン リクエストソング
10 50 /減40→39 ネオヴァンドーム レーヴドリアン
11 51 /6→4日

事前検討

連対馬経歴色付き文字は加算歴・着目歴
1着 2着 3着
前走 加算 前走 加算 前走 加算
02 /5白梅1 /5白梅1 /G1朝FS5 /G2京王二2/OPアイビ少除 /G3京成杯4 /5野路菊1
03 /5白梅1 /5白梅1 /G3シンザ1 /G3シンザ1/5黄菊1 /G3シンザ2 /G3シンザ2
04 /5寒竹1 /5寒竹1 /OP若竹1 /OP若竹1 /新京20新1 /新京20新1
05 /5くすの1 /5くすの1 /OPさざん1 /OPさざん1 /5寒竹2 /新阪16新1
06 /OP京都二2 /未京16未1 /OP中京二1 /OP中京二1/G3東スポ2 /G3ラジ二9 /未中20未1
07 /G3ラジ杯5 /5百日草1 /G3ラジ杯3 /G3札幌二1/OPコスモ1 /未京20未1 /未京20未1
08 /5もちの1 /5もちの1 /5若竹3 /新新16新1 /G1朝FS7 /5黄菊1
09 /G3ラジ杯2 /G3ラジ杯2/5千両1 /5福寿草1 /5福寿草1 /5ビオラ6 /未福18未1
10 /未京18未1 /未京18未1 /5福寿草1 /5福寿草1 /未京18未1 /未京18未1
11 / / / / / /

▲ top

複合軸データ

シンザン記念→きさらぎ賞;直前加算関連
シンザン記念 きさらぎ賞
1着加算 2着加算 3着加算 1着加算 2着加算 3着加算
08 /G2京王2 /5ベゴ1 /OPさざ1 08 /5もちの1 /新新16新1 /5黄菊1
09 /未阪14未1 /5つわ1 /未阪14未1 09 /G3ラジ杯2/5千両1 /5福寿草1 /未福18未1
10 /未東14未1 /OP中京1 /未京16未1 10 /未京18未1 /5福寿草1 /未京18未1
11 /未京16未1 /新新16新1 /新阪16新1 11 / / /
京成杯→きさらぎ賞;直前加算関連
京成杯 きさらぎ賞
1着加算 2着加算 3着加算 1着加算 2着加算 3着加算
04 /G3東ス2 /OP芙蓉1 / 04 /5寒竹1 /OP若竹1 /新京20新1
05 /阪20新1 /函18未1 / 05 /5くすの1 /OPさざん1 /新阪16新1
06 /OPいちょ1 /中20未1 / 06 /未京16未1 /OP中京二1 /未中20未1
07 /東18未1 /05ベゴ1 / 07 /5百日草1 /G3札幌二1 /未京20未1
08 /OPホプ1 /新18新1 / 08 /5もちの1 /新新16新1 /5黄菊1
09 /05エリ1 /G3東ス1 / 09 /G3ラジ杯2 /5福寿草1 /未福18未1
10 /05エリ1 /阪20未1 / 10 /未京18未1 /5福寿草1 /未京18未1
11 /新東18新1 /未小20未1 /未東18未1 11 / / /
▲ top

検討

複合軸アプローチ
G3きさらぎ賞;本体レース概要
02年以降では直前加算を500万加算馬がほぼ1着になっており、例外は06年・09年・10年。 この年は別定規定変更・国際化・賞金減額。 タブーレースでも500万加算を指名を継続してきたのに、国際化09年はともかく06年・10年が意味付け出来ないが概ね500万加算馬にプラスポイント程度に受け取る。
2着馬を見ると1着馬が500万加算歴を指名されなかった09・10年に来ている。 それ以外は重賞かOPでの加算歴。つまり連対馬でみると「500万加算」vs「重賞・OP加算」 ここでも例外があり08年・10年のみがこの規則から外れる。。。 Jpn3最終年での結果と、国際化後の指名馬の方針変更だろうか。。。
G3シンザン記念→きさらぎ賞;直前加算関連
08からの三年間を対比してみると際だった規則は無いが、概ねOP以上・未満で区分すると「弱」→「強」、「強」→「弱」の関係は成立しているように見える。 今年は1着から3着まで新馬未勝利の1勝馬で独占されたなら、OPや重賞連対歴からの指名の可能性が高いとみる。
G3京成杯→きさらぎ賞;直前加算関連
京成杯との対比でも概ね強弱異なる結果を継続しているが、やはり例外があり05年・07・10年。 500万加算を境界線としてみると片方には必ず指名があり例外が06年。 今年の仕様関係は06とは明らかに異なり、また京成杯はシンザン記念同様1勝馬が3着まで独占。 よって500万加算と上位加算との対決になるとみる。
まとめ
出走馬をみると500万加算歴がいない。 つまり1勝馬となる新馬・未勝利勝ちが独占したシンザン記念と京成杯。 ここは同じ事など必要ないので、OP歴と重賞加算歴からの対決に絞り込めるとみた。
該当馬を選出すると。
シンザン記念2着とOP芙蓉S2着歴より オルフェーヴル、 OP野路菊S勝ちより ウインバリアシオン、 OP京都二歳S勝ちより マーベラスカイザー、 OP野路菊S2着と唯一のG2デイリー杯出走歴より メイショウナルトまで。 やはり、強者からの選択なので2着歴より1着歴を重視したい。
複合軸検討
1着候補
ウインバリアシオンを◎、 マーベラスカイザーを○。
2着候補
オルフェーヴルを▲、 メイショウナルトを△。
▲ top

結論

▲ top

結果

▲ top

反省

こちらは完全な手抜きからの敗戦。 レース概要の縦軸と三歳春競馬からの横軸のみでの検討で結論を出したが。。。 サンプルレース数が少ない事から複合軸データの対応をしなかった。 それでも多少サンプルが少なくとも調査し、データからの結論を。。。

こちらは反省というより、もう少し時間と手間をかけなさいと。 そんな簡単に勝たせてくれるはずが無いのだから。。。

複合軸データ予想のありかたに、このレースは構成や検討アプローチの方向性を見直す必要がある。 三歳重賞路線を春先には、せめてまず1レース当てない事には。。。

▲ top










▲ top
inserted by FC2 system