【G3】第46回_京都牝馬S

2011/01/30、2回京都2日11R、芝1600m、4歳以上、牝、国際、−、別定、賞金3800万

>>事前 >>複合 >>検討 >>結論 >>結果 >>反省

変更内容 1着 2着
02 37回 /無 ビハインドザマスク ダイヤモンドビコー
03 38回 /馬単三複 /別定規定 ハッピーパス マイネアイル
04 39回 /別定規定 チアズメッセージ マイネアイル
05 40回 /三単 /国際化 /減42→39 アズマサンダース ウイングレット
06 41回 /無 /2同着 マイネサマンサ チアフルスマイル
07 42回 /別定規定 ディアデラノビア ウイングレット
08 43回 /別定規定 /取消 アドマイヤキッス ザレマ
09 44回 /別定規定 /ゾロ回 チェレブリタ レインダンス
10 45回 /別定規定 /減39→38 ヒカルアマランサス ベストロケーション
11 46回 /指無化

事前検討

サンプル年の連対馬経歴色付き文字は加算歴・着目歴
1着 2着
前走 加算 G1歴 前走 加算 G1歴
02 /G2阪牝5 /G2スワン1/OP都大1 /マイ4/スプ6/安5/高松- /G2阪牝6 /G2ローズ1/G3クイS2 /無
03 /16逆瀬1 /16逆瀬1 (/樫7/桜4) /16新春3 /10中京日1/10醍醐1 /無
04 /16ファイ1 /16ファイ1/OPエルフ1 /樫9/桜- /OPニュー1 /OPニュー1/G3ダCT2/前2 /無
05 /G1桜花2 /G1桜花2/G3チュ2 /秋-/樫8/桜2/阪6 /OPタコ1 /OPタコ1/OPスイ1 /秋3/樫7
06 /G2阪牝2 /G2阪牝2/G3府牝2 /秋5 /G3京金7
/G3京金-
/G3愛知2/16山城1
/G3福牝1/G3中牝2
/無
(/秋-/樫-)
07 /G1エ女3 /G3中牝2 /エ3/ヴ3(/樫3) /OPタコ3 /無 /エ-(/秋3/樫7)
08 /G3愛知3 /無 /エ5/安4/ヴ7(/秋4/樫4/桜2) /16仲冬5 /OP忘れ1 /秋-/樫-
09 /G3愛知2 /G3愛知2/10三春1 /無 /G3愛知7 /無 /エ5/ヴ-(/秋2/樫7/桜6)
10 /G3愛知4 /10堀川1/05君子1 /無 /16市川1 /16市川1/10須賀1

▲ top

複合軸データ

OP淀短距離S→ステップ
ステップ仕様 本レース仕様 1着 2着 3着
05 /三単 05 /三単 /国際化 /減42→39 3
06 /無 06 /無 /2同着 711
07 /国際化 /5→4日 /取消 07 /別定規定 6
08 /日戻 08 /別定規定 /取消
09 /減24→23 09 /別定規定 /ゾロ回
10 /5→4日 /減23→22 10 /別定規定 /減39→38
11 /祝日 11 /指無化
G3京都金杯→ステップ
ステップ仕様 本レース仕様 ST出走 1着 2着
05 三単 05 /三単 /国際化 /減42→39 3.53-
06 国際化降着 06 /無 /2同着 6.7.11-7
07 1/6施行 07 /別定規定 11--
08 プレ 08 /別定規定 /取消 ++
09 プレ、 日、指無、 分離 09 /別定規定 /ゾロ回 ++
10 プレ、 日戻、 取消 10 /別定規定 /減39→38 3.9.11.止--
11 プレ 11 /指無化
G3愛知杯→ステップ
ステップ仕様 本レース仕様 ST出走 1着 2着
04 混合父内国→牝 05 /三単 /国際化 /減42→39
05 三単賞金減 06 /無 /2同着 4--
06 国際特指5→12月 07 /別定規定 3.4.7.9.11--
07 08 /別定規定 /取消 3.6.143-
08 日、 フルゲート 09 /別定規定 /ゾロ回 2.5.7.8.1027
09 10 /別定規定 /減39→38 2.4.7.84-
10 代替小倉賞金減 11 /指無化
OPターコイズS→ステップ
ステップ仕様 本レース仕様 ST出走 1着 2着
04 三単6→5回不動 05 /三単 /国際化 /減42→39 1.2.3-1
05 06 /無 /2同着 10.12.15同10同12
06 短18→16枠連ゾロ目 07 /別定規定 2.4.5.10-2
07 国際枠連ゾロ目 08 /別定規定 /取消 1.2.3.5.13-2
08 09 /別定規定 /ゾロ回 1.2.4.7同1同2
09 賞金減 10 /別定規定 /減39→38 5.9--
10 賞金減 11 /指無化
G1エリザベス女王杯→ステップ
ステップ仕様 本レース仕様 ST出走 1着 2着
04 三単 05 /三単 /国際化 /減42→39 4.13--
05 06 /無 /2同着 2.4.14.1714-
06 賞金減取消、降着 07 /別定規定 3.6.7.8.14.15314
07 取消 08 /別定規定 /取消 5.6.9.115-
08 日、 JAI 09 /別定規定 /ゾロ回 5.11-5
09 10 /別定規定 /減39→38 11.15.16.17同11同17
10 11 /指無化
G1秋華賞→ステップ
ステップ仕様 本レース仕様 ST出走 1着 2着
06 07 /別定規定 10.17-同10
07 Jpn1化4→5日TR距離 08 /別定規定 /取消 10.15同1015
08 Jpn1日戻TR日程 09 /別定規定 /ゾロ回 9.13-同13
09 国際G1TR日戻 10 /別定規定 /減39→38 7--
10 11 /指無化
複合軸アプローチ
OP淀短距離S
追加;01/29
07の /国際化 /取消/別定規定 に3着したのと同様の予想が成立する。
G3京都金杯
JRAプレミアム化してからは連対無し、今年仕様関係が若干異なるが可能性は低い。
G3愛知杯
5月から12月に愛知杯が日程変更後は、移動初年以外は連対100%、可能性は高い。
OPターコイズS
ターコイズが仕様変更の無い年には連対馬が2着指名。
ターコイズ連対馬が出走時には、枠での連対は100%。
G1エリザベス女王杯
04以外は枠での連対関与率は100%、今年の仕様の組み合わせでは、可能性は高い。
G1秋華賞
国際化前の秋華賞組からは、同枠馬関与率100%、今年は若干の可能性が残る。

レース歴史から概要把握を。 毎年仕様変更しており今年は変更無し。

サンプルらしき年が06しかない。しか、06は2着同着。
1着と2着同着の三頭に全てG3の牝馬戦で2着歴を持っていた。
枠順が発表されたら、注目することにしよー。

サンプルらしき年を04・07の若干違い、さらに10年のズレなどのように扱う。
レース本体からの仕様ではアプローチする意味が無いレースなんだろう。。。
他のレースからの複合軸データにのみ特化したらよいのだろうか?

▲ top

検討

枠馬 馬名 加算歴 G1歴
1-01 ストリートスタイル /16うずし1 /無
1-02 アグネスミヌエット /10衣笠1/05四歳上1 /無
2-03 レディアルバローザ /10三宮1 /秋5/桜-
2-04 ジュエルオブナイル /無 /桜-
3-05 ショウリュウムーン /G3チュー1/未1 /秋-/樫-/桜4
3-06 サングレアズール /16六甲ア/10三歳上1 /無
4-07 アグネスワルツ /G2フロー2 /秋9/樫3
4-08 ヒカルアマランサス /G1ヴィク2/前1 /女5/ヴ2
5-09 コスモネモシン /G3フラワ2/G3フェア1 /秋-/樫-/桜9
5-10 ベストロケーション /前2 /ヴ-
6-11 リビアーモ /OPオーロ1/16秋風1 /無
6-12 アプリコットフィズ /G3クイS1/G3クイC1 /秋3/樫6/桜5
7-13 ブロードストリート /G3愛知杯2 /ヴ5(/女6/秋2/樫4)
7-14 ヤマカツマリリン /16セプテ1 /無
8-15 ケイアイデイジー /OP葵S1/05三歳上1 /無
8-16 プリンセスメモリー /G3クイC2 /秋-/樫-桜-
▲ top
複合軸予想
G3京都牝馬S;本体レース
レース仕様変更歴からは傾向が全く見られない。ここからのアプローチは意味をなさないだろう。。。
OP淀短距離S
3着候補となり該当馬は、 7-14 ヤマカツマリリン 8-15 ケイアイデイジー
G3京都金杯
連対の可能性は低く該当馬は、 3-05 ショウリュウムーン
G3愛知杯
今年は1着・2着ともここからのステップの可能性が高い。
該当馬は、 2-03 レディアルバローザ 4-08 ヒカルアマランサス 5-09 コスモネモシン 7-13 ブロードストリート の四頭。
OPターコイズS
該当馬は2着歴 4-07 アグネスワルツ の信頼性が高い。
8-16 プリンセスメモリー は3着候補の押さえ程度までで。
G1エリザベス女王杯
連対への可能性は非常に高いと見る。 該当馬は 4-08 ヒカルアマランサス ただ一頭なので本命か?
G1秋華賞
該当馬は五頭で2・3・4・5・8枠となり、ここから上記該当馬との組み合わせで狙う。

恐らくはド本命となるが愛知杯・エリザベス女王杯歴を重視して、 4-08 ヒカルアマランサス を◎。
ターコイズSより 4-07 アグネスワルツ を○。

相手には愛知杯組から、かつ秋華賞出走を重視する。
2-03 レディアルバローザ を▲、 5-09 コスモネモシン を△、 7-13 ブロードストリート をΧまで。

今回は3着候補まで調査したので 8-15 ケイアイデイジー 7-14 ヤマカツマリリン を□として三連単・三連複に追加する。

▲ top

結論

▲ top

結果

反省

京都金杯出走歴から真っ先に切ったショウリュウムーンが1着。 直前加算はG3チューリップ賞1着でのもの。

京都金杯出走馬が勝ったのが05年にある。
この時は京都金杯仕様変更が /三単 、これに対して京都牝馬Sの仕様変更が /三単 /国際化 /減42→39 となっており、今年は全く異なる /プレミ/指無化 といった関係。これで出番は無いと読んだのだが、これが間違いだったのか?

さらに3着にショウリュウムーンの同枠サングレアズールが入っている。

この複合軸予想では「京都金杯」「愛知杯」「エリザベス女王杯」出走歴からのアプローチでは、 「ショウリュウムーン」と「ヒアカルアマランサス」に近づく可能性はあるが、3着の「サングレアズール」にはどうやっても近づけない。。。
う〜ん。。。三連での勝利が欲しいのでデータ蓄積の手法を少し修正しないと。。。

▲ top










▲ top
inserted by FC2 system