【OP】淀短距離S

2011/01/10、京都1回4日11R、芝1200m、4歳以上、国際、□指、別定、賞金2200万
変更:無

変更内容
02年 ハンデ→別定化
03年 馬単・三複取消
04年
05年 三単
06年
07年 国際化、5→4日、取消
08年 4→5日戻り
09年 減2400→2300
10年 5→4日、減2300→2200
11年 祝日

事前検討

04・06は国際化以前であり参考程度とし、08は日程変更があるが07の5→4日化の戻りとも考えられるので、重要サンプルレースとする。

サンプル年の1〜3着馬経歴色字は加算歴&着目歴
1着馬 2着馬 3着馬
04年 G2別14スワ1NHK-、NZ2 G3別12クリ1NHK8、NZ-朝FS5 OP別14葵1桜5、Fレ2
06年 G3ハ12シル2NHK-、NZ204年1着 G3別12クリ1朝FS6 OP別14マガ1NHK3、クリ3G3新潟5
08年 NHK2、NZ2 16定12京洛1NHK-、NZ6 NHK-、アリ1

緑字;2歳重賞マイル歴後日追加。

上記のサンプル年には、1〜3着馬に三歳時のマイルG1出走歴をもっている。
国際化以前の2着馬には、今は無いG3クリスタルC優勝馬を指名している。
しかし、08年には3着までは三歳G1NHKマイル出走歴があり、そういった馬を直前加算と関係なく選びたい。

検討

枠・馬 馬名 加算歴 3歳重賞マイル歴 2歳重賞マイル歴
1-01 シャウトライン
1-02 ケイアイデイジー OP葵S1
2-03 ショウナンカザン G3シルク2
2-04 エーシンエフダンズ G3オシャ2
3-05 ゼットフラッシュ
3-06 ヤマカツマリリン
4-07 グッドキララ
4-08 アポロドルチェ NHK- 朝FS-
5-09 ショウナンアルバ G2スワン2
5-10 オースミダイドウ NHK- 朝FS3、G2デ二歳1
6-11 テイエムカゲムシャ 16駿風1
6-12 ウエスタンダンサー
7-13 メイビリーヴ 16みちの1
7-14 コパノオーシャンズ OP朱鷺1
8-15 エイシンタイガー 前年1 朝FS8
8-16 ブルーミンバー 16中ウイ1

3歳時に重賞マイル出走歴があるのは、アポロドルチェとオースミダイドウの二頭のみ。

また、エイシンタイガーが前年1着歴をもって、その後一回も勝たずにここに参戦。

上記の簡易出走枠順からは、2・3・6枠は同枠馬が類似の傾向。
今回はこの三つの枠、まずは切り捨てたい。

残りの枠から、NHKマイル歴をもって結論に。

同枠馬にG2スワン2着歴と組んだオースミダイドウより、アポロドルチェをプラスポイントに見て◎、オースミダイドウを○。

相手には、前年優勝馬&朝FS出走歴からエイシンタイガーを▲。
オープン特別勝ちより、コパノオーシャンズを△、ケイアイデイジーを×まで。

結論

結果

反省

サンプル年の1〜3着馬経歴色字は加算歴&着目歴
1着馬 2着馬
03年 OPアンド1、10驀進1、G2CBC5、G3トウル6 G2弥生2、G3京成1、G1皐月-
07年 G3シルク1、G3京金9、G2阪C-
、G3京阪3、G1スプ-、G1高松9
、OPファイ-
10年 OP京洛1、G3CBC2、G2阪C-、G3京阪- 、OP師走-、OP朱鷺2

祝日開催の今年、サンプルレースが03・07・10年にしなければ、予想する方向が全く異なっていた。
こうやってみると連対枠にG3連対歴があり、相手にはOPでの出走勝ち負けを調べる必要があったかと。。。

その時点で対象が2枠から1・7枠に絞れてた。
もう少し広い視野で概要把握から詳細を詰めないと、とても勝たせてもらえそうにない。

▲ top










▲ top
inserted by FC2 system