【G1】第17回_NHKマイルC

2012/05/06、2回東京6日11R、芝1600、3歳牡牝、国〇定、9200万

>>事前 >>検討 >>結論 >>結果 >>反省

事前データ

ステップ歴
変更内容
02 /無
03 /馬単
04 /無
05 /三単
06 /無/回
07 /Jpn1
08 /Jpn1
09 /国G/降
10 /無
11 /W5/TR
12 /無/TR
阪神 朝日 きさ アリ 毎杯 NZT 桜花 皐月
__.__ __.__ D.B C.__ __.__ D.__.D.__ __.__ __.__
__.__ __.__ __.__ A.D __.D B.D.D.A' __.__ __.__
__.__ B.C __.__ C'.__ A.__ C'.D.__.A' __.__ __.__
__.__ __.__ __.__ B'.C' __.__ A'.D.D.__ A.__ __.__
__.__ D.__ __.__ D.A __.__ B'.B.A.D __.__ __.__
__.__ __.B D.__ __.B __.__ D.D.B'.__ __.__ __.__
__.__ D.D __.__ D.D A.__ D.D.__.__ __.__ __.__
__.__ __.D __.__ __.C' D.__ A'.B'.A.C' __.__ __.__
__.__ __.D __.__ B'.__ A.__ C'.B.D.D __.__ __.__
__.__ A.C __.C' __.D __.B D.D.A.__ __.__ __.__

1着馬ステップ歴
変更内容
02 /無
03 /馬単
04 /無
05 /三単
06 /無/回
07 /Jpn1
08 /Jpn1
09 /国G/降
10 /無
11 /W5/TR
12 /無/TR
1着馬 人気 加算 掲示板 備考
テレグノシス 4人 スプ2/うぐ 若竹2/さざ3 -
ウインクリューガー 9人 アリ/三歳 白梅5K/萩4z 毎杯8/こぶ
キングカメハメハ 1人 毎杯m/すみm/エリ z京成3 -
ラインクラフト 2人 桜花/フィレ/ファン 阪神3z -
ロジック 3人 アリ2/二歳m NZT3/シン3/さざ2/萩3m -
ピンクカメオ 17人 菜花/くるm マリ2 桜花D/阪神8
ディープスカイ 1人 z毎杯 アリ3t/三歳2z -
ジョーカプチーノ 10人 ファル/萌黄 NZT3 クカ7
ダノンシャンティ 1人 毎杯/z共同2 ラニ3 -
グランプリボス 1人 朝日/京王 NZT3/スプ4 デイ7C'

2着馬ステップ歴
変更内容
02 /無
03 /馬単
04 /無
05 /三単
06 /無/回
07 /Jpn1
08 /Jpn1
09 /国G/降
10 /無
11 /W5/TR
12 /無/TR
2着馬 人気 加算 掲示板 備考
アグネスソニック 5人 きさ2/京王2/アイmj/ラベ スプ3/朝日5/クバ3
エイシンツルギザン 5人 NZT/は賞tz マガ5A'z小二5k
コスモサンビーム 4人 z朝日/京王/ききょ/小二2 皐月4/スプ5
デアリングハート 10人 フィリ2 桜花3/紅梅3/阪神5z エル6C'
ファイングレイン 9人 NZT2/あけ zスプ9/きさ8
ローレルゲレイロ 1人 アリ2/朝日2/デイ2z/函二2t シン3z/ラベ3m 皐月6C'
ブラックシェル 3人 弥生2/福寿 ホプ2 皐月6C'/きさ7
レッドスパーダ 5人 スプ2/三歳 ひい5
ダイワバーバリアン 5人 NZT2/二歳 弥生4/きさ5/朝日3/zデイ4C'
コティリオン 2人 毎杯2 三歳3B'/ラニ3B'/ベゴ2 きさ6

3着馬ステップ歴
変更内容
02 /無
03 /馬単
04 /無
05 /三単
06 /無/回
07 /Jpn1
08 /Jpn1
09 /国G/降
10 /無
11 /W5/TR
12 /無/TR
3着馬 人気 加算 掲示板 備考
タニノギムレット 1人 スプ/zアリ/シン 皐月3
マイネルモルゲン 6人 ベンm/百日 弥生5/共同4/デイ3/函二3/ラベ2 毎杯6/朝日7t
メイショウボーラー 3人 弥生2/z朝日2/デイ/小二/フェニ 皐月3
アイルラヴァゲイン 4人 マガ/クリ クリ3/潟二5
キンシャサノキセキ 6人 ジュニ マガ4 アリ6
ムラマサノヨートー 18人 三歳 NZT_D/三歳6/カトD/黒竹D/二歳9
ダノンゴーゴー 14人 zファル/三歳 三歳3/さざ2/千両3 NZT7B'
グランプリエンゼル 13人 橘S/三歳 寒竹9/サフD
リルダヴァル 3人 野路 毎杯3 皐月6
リアルインパクト 4人 朝日2/京王2 NZT_D

▲ top

検討

事前検討

こうやって歴史を振り返ると毎日杯勝馬とG1実績馬が出てくると強いと見える。以外に結果に結びついていないのがトライアルレースであるNZTの勝馬。1着よりも2着・3着馬が好走につながっている。

きさらぎ賞連対馬は出走自体も少なく好走と呼べる結果にはなっていない。また、アーリントンC連対馬は直接好走するのではなく、むしろ同枠馬の役割が大きいと見ざるを得ない。

ここ10年で二歳時のG1朝日FSは連対馬10頭が出走しているが、阪神JFやクラシック牡牝第一戦の桜花賞・皐月賞からは出走は少ない。朝日FS連対馬から本番NHKマイルで連対出来た馬は3頭。共通点は朝日FSの前に二歳G2で実績を積んでいる点。

出走馬に昨年の朝日FS優勝馬アルフレードがいるが、500万条件戦後に無敗三戦三勝で二歳チャンピオンに輝いたが、ここではマイナスポイント。いやっ、むしろ切りか?3着に入るにも同様の傾向が見られ紐にもならない。

NZT1着馬カレンブラックヒルもマイナスポイント。過去の傾向からはNZT3着馬からの勝馬が一番多く、他に重賞連対歴も併せ持つ事が要求されているようだ。今年の3着馬はブライトライン。G3ファルコンS勝ちに加えラジオNIKKEI杯二歳S5着と500万黄菊賞勝ちもある。これは国際化にして降着戦となった09年の優勝馬ジョーカプチーノの経歴と被る。

2着候補は...。やはりNZT組と毎日杯連対馬。毎日杯2着のマウントシャスタは相手筆頭くらいにはしたい実績。NZT組からは1着カレンブラックヒルと2着セイクリッドレーヴよりも4着オリービンと5着サドンストームが人気を落としているようなら上位に据えたい。

朝日杯組よりアルフレードは切ったが朝日FS3着馬&京王杯勝ちに加え今年になってからのファルコンS4着とOP好走のレオアクティブはプラスポイント。

あと注目すべきは二頭。

アーリントンC馬ジャスタウェイは同枠役目と割り切って切り。

チューリップ賞ハナズゴールは複勝圏30頭の経歴データを打ち込んでいる中にチューリップ賞という文字は一度も出てこなかった。出てこなかったが...。何故か05年の優勝馬ラインクラフトとダブらせてしまう。何故だろう?経歴も全然違うのに。共通点は牝馬ってくらいで。う〜ん、?が残る。迷って余裕があれば、押さえか二頭軸かの選択かなぁ。

直前検討

事前検討の内容からも、軸をどうしようか散々迷って決め打ちです。 NZT1着馬と朝日杯1着馬を思い切っての捨てです。

ブライトラインに◎。 NZT3着馬の過去実績に乗っかってみようと...。 またNZTでの優先権馬同士の場合は後着馬が結果につながるのもプラスポイントとして。

相手筆頭には毎日杯好走からマウントシャスタに〇。 その同枠にチューリップ賞勝ち歴から?としていたハナズゴールに▲。 上記NZT優先権獲得馬同士の枠からセイクレットレーヴに△

押さえには同枠馬役割を担うアーリントンC勝ち馬のジャスタウェイが入った7枠からオリービンとサドンストームにΧまで。

▲ top

結論

◆印
◎;5-10 ブライトライン
〇;4-08 マウントシャスタ
▲;4-07 ハナズゴール
△;5-09 セイクレットレーヴ
Χ;7-13 オリービン
Χ;7-15 サドンストーム

◆購入馬券
馬単;◎〇→◎〇▲△ΧΧ
三連単;◎〇→◎〇→▲△ΧΧ
三連単;◎〇→▲△ΧΧ→◎〇

▲ top

結果

◆結果
1着;_;3-05 カレンブラックヒル
2着;_;8-17 アルフレード
3着;_;6-12 クラレント
4着;Χ;7-13 オリービン
5着;△;5-09 セイクレットレーヴ
−−−−−−−−−−
7着;▲;4-07 ハナズゴール
10着;◎;5-10 ブライトライン
失格;〇;4-08 マウントシャスタ

◆払戻金

▲ top

反省

Χ;ハズレ
無敗三連勝のNZT1着馬カレンブラックヒルが栄冠に。 95年に第一回開催したNHKマイルカップ。 過去NZT1着馬からの優勝は97年シーキングザパール、98年のエルコンドルパサー以来となる結果。 しかも今年第17回開催を入れてこの3回のみ。

エルコンドルパサーは枠連ゾロ目決着。シ−キングザパールはこの時だけダート変更された共同通信杯勝ち。 ではカレンブラックヒルは?上記に相当する物は無い。 無いが現時点で分かる事を。

ニュージーランドTは83年に開催され翌84年にグレード制によりG3化、87年にG2昇格となった。 この時のレース名は「ニュージーランドトロフィー4歳ステークス」、01年に「ニュージーランドトロフィー」と4歳の文字が消えた。 4歳の文字が付く最終00年に賞金が6200万から5400万に減額。今年はそれ以来&4歳の文字が消えて初の賞金減額。 たまたまなのか分からないがカレンブラックヒルの二走前は賞金減額こぶし賞。

またNZT出走馬が1〜5着まで顔を揃えていた。 03・06・09・10年が同様だったが複勝圏枠に関与はしている。 しているが、そこに傾向は見られない。

▲ top
▲ top
inserted by FC2 system