【G2】第126回_目黒記念

2012/05/28、2回東京12日12R、芝2500、4歳上、国□ハ、5500万

>>事前 >>検討 >>結論 >>結果 >>反省

事前データ

1着馬経歴
変更内容
02 /無/1日11R
03 /馬単
04 /無/賞58
05 /国/三単/外
06 /4日12R/枠
07 /J2 /記念 /ゾ回
08 /J2
09 /G2 /外
10 /プレミ/副題
11 /3日11R/消
12 /12日12R/4上/55
1着馬 人気/斤 加算 掲示板 前年 備考
トシザブイ 12人/55.0 ダイ3/万葉3 前5 56+0.0→−1.0
トシザブイ 6人/57.0 産オ4B' 前1 56+1.0→±0.0
チャクラ 3人/56.5 ステ 春天4/日賞4A'/セン3 56+1.5→−1.0
オペラシチー 1人/56.5 御堂m/玄海 メト3/日賞3/菊花3 56+0.5→±0.0
ポップロック 3人/54.0 白川/白鷺 四上3/三上3 56+0.5→−2.5
ポップロック 1人/58.5 京記2/有馬2 - 前1 56+5.0→−2.5
ホクトスルタン 3人/56.0 サシャ/阿寒 春天4/z神新C' 56+0.5→−0.5
ミヤビランベリ 8人/55.0 z七夕 小大3/中金3/z小記5 56+1.0→−2.0
コパノジングー 5人/54.0 烏丸/稲荷 メボ4 56+0.5→−2.5
キングトップガン 7人/51.0 大ハ2 56+0.0→−5.0
人/

2着馬経歴
変更内容
02 /無/1日11R
03 /馬単
04 /無/賞58
05 /国/三単/外
06 /4日12R/枠
07 /J2 /記念 /ゾ回
08 /J2
09 /G2 /外
10 /プレミ/副題
11 /3日11R/消
12 /12日12R/4上/55
2着馬 人気/斤 加算 掲示板 前年 備考
アクティブバイオ 7人/56.0 日賞m 御堂2/札日2/函記3 前9 56+1.5→−0.5
レディパステル 2人/56.0 中牝 東リ2e/エ女3/府牝3/クス5 前4 54+1.0→+1.0
トレジャー 16人/55.0 東風2/小大3/ベテ4 56+0.0→−1.0
ウイングランツ 5人/54.0 zダイz 阪大5/箱根2/晩秋4 56+1.0→−3.0
アイポッパー 2人/57.5 春天4 56+0.0→+1.5
ココナッツパンチ 4人/51.0 z弥生2 52+1.5→−2.5
アルナスライン 1人/58.0 メト/菊花2 京大3 56+1.5→+0.5
ジャガーメイル 1人/57.0 アル2/オク/ジュン 春天5B' 56+1.0→±0.0
イケドラゴン 9人/51.0 富里z 調布4 56+0.0→−5.0
ハートビートソング 1人/56.0 WI八e/四上D 境港5/ドン3 56+0.5→−0.5
人/

▲ top

検討

参考にハンデ重量検討

目黒記念...。G2のハンデ戦。斤量が結果に導くとも思えるハンデ戦。 それにしてもG2って別定戦が多いけどグレード別定が多く賞金別定が無いなぁ。 厳密にはいくつかの設定があるんでしょうが主な別定について調べると...。 JRAの定める規定とは全然違うかもですが目安として。
【グレード別定】
負担重量は56kg、牝馬は2kg減を基本とし、2歳時の成績を除いて以下。
 ・施行日当日から1年前の開催週以降のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬は2kg増
 ・施行日当日から1年前の開催週以降の牝馬限定GI競走またはGII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬は1kg増
 ・施行日当日から1年前の開催週より過去のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬は1kg増

でも、この規定だと細かに設定される斤量と比較出来ないので賞金別定での検討にする。
【賞金別定】
負担重量は3歳が52kg、4歳以上が56kg、牝馬は2kg減を基本とし以下の条件で斤量が課せられる。
 ・日本馬は収得賞金が3,000万円を超過した出走馬は、超過額2,000万円毎に1kg増。
 ・外国調教馬はGI競走1着馬は5kg増、GII競走1着馬は3kg増、GIII競走1着馬は1kg増(ただし2歳時の成績を除く)。

今回の斤量を検討する為に以下の簡略計算を採用する。
【簡略仮定別定】
 ・基本重量56kg、牝馬-2kg。三歳はさらに-2kg。
 ・重賞賞金の半額を2000万毎に1kg。
 ・OP勝ち、1600万条件勝ちで各々+0.5kg相当。
 ・500、1000、1600万条件戦三勝で+1kg相当。二勝で+0.5kg相当。

【出走馬を上記でハンデ斤量算出】
1-01 コパノジングー;56+0.0→56.0→±0.0
1-02 ダノンバラード;56+0.5→57.0→−0.5
2-03 カワキタコマンド;56+1.0→55.0→−2.0
2-04 アイノカゼ;56+0.0→51.0→-5.0
3-05 タッチミーノット;56+0.0→56.0→±0.0
3-06 マイネルアンサー;56+0.0→54.0→−2.0
4-07 モンテクリスエス;56+0.0→56.0→±0.0
4-08 エアポートメサ;56+0.5→52.0→−4.5
5-09 トウカイパラダイス;56+0.5→55.0→−1.5
5-10 キングトップガン;56+2.5→56.0→−2.5
6-11 サンテミリオン;54牝+0.0→54.0→±0.0
6-12 コスモロビン;56+1.0→55.0→−2.0
7-13 ネヴァブション;56+0.0→57.0→+1.0
7-14 スマートロビン;56+1.0→57.0→±0.0
7-15 セイカアレグロ;56+0.0→48.0→−8.0
8-16 ユニバーサルバンク;56+1.0→57.0→±0.0
8-17 ピエナファンタスト;56+0.5→53.0→−4.5
8-18 トレイルブレイザー;56+3.0→58.0→−1.0

連対馬 検討

過去10年の連対馬をみると、その経歴には大きな差がある。 G2・G3連対歴保有馬から条件連勝馬や加算は無いが重賞で好走掲示板歴をもっていたりと様々。

連対馬20席中でG2レースでの好走掲示板歴保有馬が9頭いる。 ハンデ戦で一見して強者とは見えない馬の活躍レースに見せかけてはいるが半分は実績馬が来ている。 今年の出走馬ではダノンバラード、カワキタコマンド、サンテミリオン、コスモロビン、ネヴァブション、スマートロビン。 なかでもメンバー中最も実績馬となるのはトレイルブレイザー。

直近加算がOPレースとなる馬が連対する事は20席中1席のみなので人気サイドのOP勝ち歴保有馬は切る。

しかし重賞掲示板歴はあるが実際に加算歴にあるのは条件連勝保有馬。 該当はコスモロビンとカワキタコマンドの二頭。

その相手には重賞加算歴保有馬か...。 トレイルブレイザー、ダノンバラード。 どちらを上位にするか?重賞実績馬から行く。筆頭はダノンバラードで。 上記にさらに前走勝ちのエアポートメサとスマートロビンまで。

▲ top

結論

◆印
◎;1-02 ダノンバラード
〇;8-18 トレイルブレイザー
▲;2-03 カワキタコマンド
△;6-12 コスモロビン
Χ;4-08 エアポートメサ
Χ;7-14 スマートロビン

◆購入馬券
単勝;◎
馬連;◎−〇▲△ΧΧ

▲ top

結果

◆結果
1着;Χ;7-14 スマートロビン
2着;_;5-09 トウカイパラダイス
3着;△;6-12 コスモロビン
4着;◎;1-02 ダノンバラード
5着;_;8-16 ユニバーサルバンク
−−−−−−−−−−
〇着;
〇着;
〇着;

◆払戻金

▲ top

反省

Χ;ハズレ。
   

▲ top
▲ top
inserted by FC2 system